資産運用の知識は自分で勉強して得なければいけません


株式・不動産・外国為替など、今話題の資産運用。
社会人や主婦の副業として…またこれを本業としている方も増えてきています。

しかし何を始めようとしても、全くの無知では始めることはおすすめできません。
例えば株式ならば、どの株式が有望か?不動産ならばどこにどのような物件を購入するのがいいのか?
また、チャートの見方や日経平均株価の詳細など、専門知識も必要となります。
要するにそれぞれ利益を出すためには、専門知識がなくては損をするばかりでしょう。

そうは言っても、最近では初心者でも安心して資産運用を始められるように、専門家がアドバイスしてくれる専門企業なども増えてきましたよね。
そこにおまかせすればいいのでは?と思うでしょう。

それは大きな間違いです。
資産運用こそ、専門家のアドバイスを全て聞かずに、自身の知識を生かして行うべきなのです。
例えばこれから高値が見込める株。誰が100%予想できるでしょうか?
不動産に関しても、良い物件悪い物件の見極めはできますし、入居者の増加のための方法はわかるかもしれません。
しかし、今後の土地の上昇や下落は、誰も予想がしにくいものです。

このように、資産運用には知識や経験が100%役立つものではありません。
ですから、しっかりと自分でも知識を得ておき、専門家のアドバイスを全て真に受けない。
これが資産運用を成功させる秘訣です。
もちろん、専門家に疑問や不安を相談するのはいいことだと思います。
プロは各資産運用の傾向を分析し、対策をアドバイスしてくれることでしょう。

Leave a Reply