株価指数が投資対象となるETFのメリット。


個人投資家の中には通常の投資信託ではなく、ETFを購入している方が多数いらっしゃいます。
ETFとは上場投資信託のことで、株の売買と同様に証券会社を通した取引のことです。
ETFの場合、日経平均株価やTOPIXといった株価指数が投資対象。
ですので、株式投資と違って投資先の企業を選定する必要がないということが特徴。
株式投資を始めたいもののどこの業者の株を買えばよいのか迷う!という方にはピッタリと言えるでしょう。

そんなETFの魅力・メリットをまとめてみました。

●売買取引が簡単

取引所の取引時間中であればいつでも売買ができます。
そのため、売り時、買い時などのベストタイミングを見計らってETFの売買が可能ですので、利益を上げやすく、また損益を出しにくいということが言えるのです。
さらに、自分の資金などを担保にして証券会社からお金を借りて投資ができる「信用取引」の対象となっていることもおすすめの理由!

●運用フィーが格安

運用フィーとは、運用会社に支払う手数料のこと。
インデックスファンドと比べても日経平均株価、TOPIX双方とも半分以下となっています。
ETFの最大のメリットとして挙げらげることも少なくありません。

Leave a Reply