Archive for 3月, 2016

資産運用の知識は自分で勉強して得なければいけません


株式・不動産・外国為替など、今話題の資産運用。
社会人や主婦の副業として…またこれを本業としている方も増えてきています。

しかし何を始めようとしても、全くの無知では始めることはおすすめできません。
例えば株式ならば、どの株式が有望か?不動産ならばどこにどのような物件を購入するのがいいのか?
また、チャートの見方や日経平均株価の詳細など、専門知識も必要となります。
要するにそれぞれ利益を出すためには、専門知識がなくては損をするばかりでしょう。

そうは言っても、最近では初心者でも安心して資産運用を始められるように、専門家がアドバイスしてくれる専門企業なども増えてきましたよね。
そこにおまかせすればいいのでは?と思うでしょう。

それは大きな間違いです。
資産運用こそ、専門家のアドバイスを全て聞かずに、自身の知識を生かして行うべきなのです。
例えばこれから高値が見込める株。誰が100%予想できるでしょうか?
不動産に関しても、良い物件悪い物件の見極めはできますし、入居者の増加のための方法はわかるかもしれません。
しかし、今後の土地の上昇や下落は、誰も予想がしにくいものです。

このように、資産運用には知識や経験が100%役立つものではありません。
ですから、しっかりと自分でも知識を得ておき、専門家のアドバイスを全て真に受けない。
これが資産運用を成功させる秘訣です。
もちろん、専門家に疑問や不安を相談するのはいいことだと思います。
プロは各資産運用の傾向を分析し、対策をアドバイスしてくれることでしょう。

インデックス投資の詳細な説明。


「インデックス投資」について詳しく勉強したいという方の参考になるコラムを記載したいと思います。

インデックス投資のインデックスとは、株価指数のことです。
日経平均や東証株価指数(TOPIX)、ダウ平均といった株価指数と同じ値動きを目指す投資方法のひとつで、金融業界では非常にメジャーだそう。
コストが少なくてよいということも魅力と感じている方も多いそう。
具体的には投資信託やETFといった商品を購入することになるのですが、世界には一万種類以上のインデックスがあるとされています。

そのため、インデックス投資において非常に重要なことはインデックス選びと言えるでしょう。
投資収益を期待するためにも、しっかりと比較してどのインデックスに投資するのか見極めなければならないからです。

インデックスを構成している銘柄に関しても日本株式だけを見ても
・日経平均株価 日本企業を代表する大型銘柄225種類
・東証株価指数 東証一部上場の全銘柄(およそ1700)
と非常に数が多く、世界に視野を向けると数万種類以上に及びます。

インデックス投資の極意は、世界経済の箱庭を作ること。
政治経済の大きな担い手と言っても過言ではないのかもしれません。

株価指数が投資対象となるETFのメリット。


個人投資家の中には通常の投資信託ではなく、ETFを購入している方が多数いらっしゃいます。
ETFとは上場投資信託のことで、株の売買と同様に証券会社を通した取引のことです。
ETFの場合、日経平均株価やTOPIXといった株価指数が投資対象。
ですので、株式投資と違って投資先の企業を選定する必要がないということが特徴。
株式投資を始めたいもののどこの業者の株を買えばよいのか迷う!という方にはピッタリと言えるでしょう。

そんなETFの魅力・メリットをまとめてみました。

●売買取引が簡単

取引所の取引時間中であればいつでも売買ができます。
そのため、売り時、買い時などのベストタイミングを見計らってETFの売買が可能ですので、利益を上げやすく、また損益を出しにくいということが言えるのです。
さらに、自分の資金などを担保にして証券会社からお金を借りて投資ができる「信用取引」の対象となっていることもおすすめの理由!

●運用フィーが格安

運用フィーとは、運用会社に支払う手数料のこと。
インデックスファンドと比べても日経平均株価、TOPIX双方とも半分以下となっています。
ETFの最大のメリットとして挙げらげることも少なくありません。