株価指数に連動するインデックス投資信託、ETFとは


資本主義の発展したいわゆる先進国は概ねどこでも高齢化社会の国です。
この為、先進国のほとんどの国では高い経済成長は期待できません。
先進国では高い経済成長を期待できないので景気刺激策として低金利政策を採っているのが普通です。

その先進国の中でも日本は世界一少子高齢化の激しい国です。
長年、経済成長は伸び悩み、超低金利政策を続けています。
さらに日本は1000兆円を超える財政赤字を抱えていますので年金等の社会保障についても信頼が揺らいでいます。
そこで自ら資産形成を積極的に行おうとする人が増えているようです。

資産形成を行おうと言っても日本は超低金利政策の国です。
銀行の預金金利の利子率も低く、手数料などを考慮すると実質マイナスだろうと言う人もいます。
利回りが比較的大きな金融商品と言えば株式です。

しかし、株式は元本割れを起こすリスクがあります。
こうしたリスクを減らすためには分散投資を行うのが一般的な方法です。
しかし、一般個人が分散投資が行えるほど巨額の資金を準備することは難しいと思います。
そこで考えられるのが投資信託です。
投資信託なら多数の人から資金を集めてプロの金融会社が運用するので分散投資効果があり、また少額でも運用可能です。

この投資信託の種類の中に「ETF」というものがあります。
この「ETF」と言う商品は普通の投資信託とどこが違うのかといえば日経平均株価指数などのインデックスを取引対象とするところです。
こういう投資信託をインデックス投資信託といいます。
ETFは一般に「上場投資信託」などと呼ばれています。

ETFのメリットを列挙すると、まず「リスク分散効果がある」というところです。
次に「取引コストが安い」です。
これは通常の投資信託と比べて管理報酬が低く抑えられているからだそうです。
三番目は「リアルタイムで売買できる」です。
取引所の取引時間出ればいつでも売買が可能です。
次は「指値注文ができる」といった点です。
ETFでは株価指数の変動に合わせて株式取引と同じように指値注文ができます。

ETFには国内の株価指数に連動するインデックス投資信託と海外の株価指数などと連動するインデックス投資信託がありますが、初心者は国内のものから始めるのが無難だそうです。


NYダウと日経平均との関係性を勉強する


ニュースや新聞などで耳にする“NYダウ”は、資産運用を考えている方なら自然に耳に入ってきたり、目に飛び込んでくる言葉だと思いますが、初心者の方の資産運用にお勧めしたいのが株価の動向を見る事から始めるという事です。

日本であれば、日経平均株価として公表されており、これは日本経済新聞社が登場1部上場している企業の株の中から、日本を代表するような大企業225銘柄の平均額を毎日15秒毎に公表しています。
ただし、単純に225銘柄の価格を足して割った平均値を出すのではタイムロスなどでやや連続性に欠ける事から、“ダウ式平均”と呼ばれている独自計算方法によって算出されています。
因みに日本経済新聞社の公式サイトによると、このダウ式平均の計算方法は
各構成銘柄の採用株価=株価×50(円)/みなし額面(円)
日経平均株価=構成銘柄の採用株価合計/除数
と、公表されています。

では、日本の経済にも大きく影響を与えるNYダウとは?
このNYダウ指数はウォールストリート・ジャーナル紙を発行しているダウジョーンズ社が選出したアメリカの株式に最も影響を与えると言われている企業株30社の平均株価になります。

では、初心者が資産運用を考えた時、日経平均株価やNYダウ平均株価をいつチェックすればよいのか?
日本とアメリがでは時差があり、サマータイム中は13時間日本の方が進んでおり、サマータイムが解除されると14時間進んでいる事になります。
そうすると、通常の日本時間で考えると約半日異なっているため、逐一動向をチェックするという事も難しいと思います。
そのため、必ず押さえておきたいチェックポイントが始値と終値です。
ここだけは最低限チェックをし、これらのほかに何らかの大きいな動きがあった場合には、日本のニュースでも公表されている事から、その都度チェックを行うという程度で良いでしょう。

先ずは日本の株価やアメリカの株価がどのような推移を行うか、それに対して日本の株価がどの様にアメリカの株価によって影響を受けるかを見ていく事で、随分と株の勉強を行う事が出来るでしょう。


ファンダメンタルズを利用して銀行などで資産運用


少しでも金利が良い銀行の金融商品を選択する人も少なくありません。
しかし資産運用を銀行中心で行うと、金利がたくさんつかないため厳しいと考えている方も多いことでしょう。
そこで投資を選択する人も少なくありませんが、投資ではマーケットの動きを分析していかなければ成功しません。
そこで活用したいのがファンダメンタルズ分析となっています。

ファンダメンタルズ分析はある国の国際収支であったりインフレ率、さらには失業率といった経済関連の指標全般を指していく概念となっています。
範囲は細かく決まっていませんが、ある国の経済関連の健全性を見ていく中では複数の経済指標を活用していきます。
銀行の金利なども対象となっていますが、結果から為替相場などの水準を中長期的で決定していきます。
また資産運用を行っていく中で対象となる会社の業績がいい状態となっているか、もしくは資金力が強くなっているかといった内容を見極めていく分析を行います。
これがファンダメンタルズ分析となって、多くの投資家が参考にしています。

業績は当然ながらいい方が資産運用に向いていますが、資金力だけで判断すると失敗してしまうこともあります。
そんな中でファンダメンタルズ分析を行っていくと、土地などの状況を判断することができるので、資産運用に向いているかを確認できます。
業績だけでなく資産などを細かく分析していくことで、現在の株価が割安かどうかを分析結果から判断していきます。
もしも株価は業績や資産と寸分違わず一致している状況であれば、ファンダメンタルズ分析が活用されているといえるでしょう。

ファンダメンタルズ分析が重視されてきた理由として、株価というのは業績であったり資産に一致してくることが多いためです。
割安と判断されれば投資家はファンダメンタルズ分析を活用して買い注文を入れていきます。
しかし割高に感じれば売り注文を行っていくことになります。
これで理想的な銘柄を見つけることができれば、資産運用で十分に利用できるということになります。


日経225指標取引のサイト。


日本の経済指標のひとつである日経平均株価。
テレビニュースなどで耳にしたことがある方、多いと思います。
またの名を日経225ともいうのですが、この経済指標が投資対象になるという金融商品をご存知ですか?
「日経225指数取引」と呼ばれるものです。
実際に用に株券が存在しないため、買値と売値の差額を支払う、もしくは受け取るという差金決済となります。

この日経225指数取引のことを詳しく紹介してくれているサイトが、『日経225実践編.com』です。
こちらのサイトは特に初心者向けの基礎知識や疑問点などを分かりやすく指南してくれているので、とても見やすいことが特徴。
それでいてしっかりと応用にも対応できるような内容であるということも魅力となっています。

特に
・損切りのタイミング
・リスクヘッジの活用方法
・日経225の税率・税金に関して
というコラムは取引をするうえで絶対に知っておきたい重要な内容となっていますので、必ず目を通しておいてください。
そして、知識として身につけておくことをおすすめします。

これからも普及していくであろう日経225指標取引、初心者の方にもおすすめですのでぜひサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。
詳しくはこちらからどうぞ!


外貨投資と物価の関係性とは?


海外の貨幣を購入し、好きな時に売り利益を得る。
これがFXです。
簡単にいえば、1ドル100円のときに購入して、1ドル110円の時に売る。
こうすれば、1ドル10円の利益を得ることができますよね。
これが1万ドル分購入していれば、10万円の利益を得ることができます。

こう説明すると、FXはとても簡単に思えますよね。
しかし、FXを始めようとしている方は「外貨投資と物価の関係性」について、よく調べておきましょう。

なぜ物価変動が外貨投資と関係しているか?
それは、とても単純なことなのです。
物価が上昇すれば損失が出てしまう…というのが、外貨投資の特徴でもあります。
なぜかというと、物価が上昇すれば外貨の価値は下がってしまいます。
もっとわかりやすく説明すると、今まで100円で購入できたジュースが物価上昇で120円になったとします。
こうなると、同じジュースを購入しようと思っても、こちらは20円多く払わなくてはいけません。
そのため、損失が出てしまうのです。

損失を出さないために、外貨投資では金利や価格変動以外だけでなく、為替相場を気にする必要があります。
言ってしまえば、他で利益を得ていても為替相場が下落すると損失が出てしまうのです。

外貨投資を始めようとしている方は、簡単に考えずに為替相場をよく見て考え、最も利益を得やすいものを選ぶようにしましょう。


資産運用の知識は自分で勉強して得なければいけません


株式・不動産・外国為替など、今話題の資産運用。
社会人や主婦の副業として…またこれを本業としている方も増えてきています。

しかし何を始めようとしても、全くの無知では始めることはおすすめできません。
例えば株式ならば、どの株式が有望か?不動産ならばどこにどのような物件を購入するのがいいのか?
また、チャートの見方や日経平均株価の詳細など、専門知識も必要となります。
要するにそれぞれ利益を出すためには、専門知識がなくては損をするばかりでしょう。

そうは言っても、最近では初心者でも安心して資産運用を始められるように、専門家がアドバイスしてくれる専門企業なども増えてきましたよね。
そこにおまかせすればいいのでは?と思うでしょう。

それは大きな間違いです。
資産運用こそ、専門家のアドバイスを全て聞かずに、自身の知識を生かして行うべきなのです。
例えばこれから高値が見込める株。誰が100%予想できるでしょうか?
不動産に関しても、良い物件悪い物件の見極めはできますし、入居者の増加のための方法はわかるかもしれません。
しかし、今後の土地の上昇や下落は、誰も予想がしにくいものです。

このように、資産運用には知識や経験が100%役立つものではありません。
ですから、しっかりと自分でも知識を得ておき、専門家のアドバイスを全て真に受けない。
これが資産運用を成功させる秘訣です。
もちろん、専門家に疑問や不安を相談するのはいいことだと思います。
プロは各資産運用の傾向を分析し、対策をアドバイスしてくれることでしょう。


インデックス投資の詳細な説明。


「インデックス投資」について詳しく勉強したいという方の参考になるコラムを記載したいと思います。

インデックス投資のインデックスとは、株価指数のことです。
日経平均や東証株価指数(TOPIX)、ダウ平均といった株価指数と同じ値動きを目指す投資方法のひとつで、金融業界では非常にメジャーだそう。
コストが少なくてよいということも魅力と感じている方も多いそう。
具体的には投資信託やETFといった商品を購入することになるのですが、世界には一万種類以上のインデックスがあるとされています。

そのため、インデックス投資において非常に重要なことはインデックス選びと言えるでしょう。
投資収益を期待するためにも、しっかりと比較してどのインデックスに投資するのか見極めなければならないからです。

インデックスを構成している銘柄に関しても日本株式だけを見ても
・日経平均株価 日本企業を代表する大型銘柄225種類
・東証株価指数 東証一部上場の全銘柄(およそ1700)
と非常に数が多く、世界に視野を向けると数万種類以上に及びます。

インデックス投資の極意は、世界経済の箱庭を作ること。
政治経済の大きな担い手と言っても過言ではないのかもしれません。


株価指数が投資対象となるETFのメリット。


個人投資家の中には通常の投資信託ではなく、ETFを購入している方が多数いらっしゃいます。
ETFとは上場投資信託のことで、株の売買と同様に証券会社を通した取引のことです。
ETFの場合、日経平均株価やTOPIXといった株価指数が投資対象。
ですので、株式投資と違って投資先の企業を選定する必要がないということが特徴。
株式投資を始めたいもののどこの業者の株を買えばよいのか迷う!という方にはピッタリと言えるでしょう。

そんなETFの魅力・メリットをまとめてみました。

●売買取引が簡単

取引所の取引時間中であればいつでも売買ができます。
そのため、売り時、買い時などのベストタイミングを見計らってETFの売買が可能ですので、利益を上げやすく、また損益を出しにくいということが言えるのです。
さらに、自分の資金などを担保にして証券会社からお金を借りて投資ができる「信用取引」の対象となっていることもおすすめの理由!

●運用フィーが格安

運用フィーとは、運用会社に支払う手数料のこと。
インデックスファンドと比べても日経平均株価、TOPIX双方とも半分以下となっています。
ETFの最大のメリットとして挙げらげることも少なくありません。